2015年01月06日

ブラック企業の求人票の受理をハローワークが拒否できる制度の創設方針

求人票や面接の話と実際の給料や仕事内容等が違うトラブルが増加
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

などの記事をご紹介しておりますが、

「ハロワの求人票が違う」
「求人票と給料が違う」
「求人票と仕事内容が違う」

などの検索キーワードが増加の一途をたどるばかりといった状況で、西区地域労働組合へご相談いただく方も増えております。
状況が改善するどころか、ますます悪化していると感が強いです。

ようやく厚生労働省も・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 18:30| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

学校教育で「会社に雇われて働く人の権利」を学ぶ意義について

西区地域労働組合では、さまざまな相談を頂いております。
不当な解雇やサービス残業に関するご相談が最も多いのですが、パワハラなどの職場いじめ、うつ病などに関する悩みがきっかけでご相談頂く方もたくさんいらっしゃいます。

しかしながらお話をよくよくお聞きしてみると、サービス残業を強いられていたり、要件を満たしているにもかかわらず雇用保険や社会保険に加入させてもらえていなかったりと、労働基準法などの労働法に関する違反が目立ちます。

つまり、パワハラなどの職場いじめ、うつ病などが起きている会社では、パワハラなどの職場いじめ、うつ病だけにとどまらず、労働基準法などの労働法に関する違反行為も起きているといったケースが非常に多いように感じております。

また、団体交渉の場等で経営者側の話を聞いていても考えさせられることがあります。
それは、「労働基準法などの労働法に違反することも犯罪行為である、労働犯罪であるという意識の薄さ」です。

つまり、従業員を雇用するというのはどういうことなのか、どのような義務が経営者に課せられているのか、どんなことが法律に違反しているのか、法律に違反していないのか、違反したらどのような懲役刑を課せられるのかといったことを全くといっていいほど知らずに、求人を出して従業員を雇用して働かせているといったケースがあまりにも多いということです。

このような経営者に雇われてしまい、辞めたくても辞めさせてもらえない状況に追いやられてしまったがために、

長時間労働・パワハラ等による過労自殺はなぜなくならないのか?

でご紹介したケースのように、最悪の場合、過労死や過労自殺にまで至ってしまうこともあるので、本当に恐ろしくなりますよね・・・。


ブラックバイトの実態と被害に遭った際の対処方法や相談先について
中学校で非正規雇用などの現実を直視する授業

などとも関連することだと思いますが・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 17:05| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

長時間労働・パワハラ等による過労自殺はなぜなくならないのか?

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死など・・・
労働に関するこんなトラブルが増加の一途を辿っています。

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
パワハラやセクハラ、仕事のストレス等が原因のうつ病:労災申請過去最多
過労死とは?過労自殺って何?命より大切な仕事なんてあるの?
36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと

などの記事をご紹介しておりますが・・・

特にここのところ、胸が痛くなる過労自殺に関係する記事を・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 19:40| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

廃案になった労働者派遣法改正案を臨時国会に再提出

派遣社員の受入期間制限廃止など労働者派遣法改正案を閣議決定
全職種で派遣を無制限に、3年で人を入れ替えて派遣継続方針
特定労働者派遣廃止、専門26業務撤廃、2015年4月適用予定
非正規で雇用できる期間を10年に、労働契約法改正方針

などの記事を以前ご紹介しておりました。

ここのところ、労働者派遣法改正案に関する検索が増えつつあります。
その多くは、「労働者派遣法改正案はその後どうなったのか?」「労働者派遣法改正案はいつから適用されるのか?」といったものです。

廃案になったはずのこの労働者派遣法改正案ですが・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 18:40| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

厚生労働省が無料の「労働条件相談ほっとライン」を期間限定で開設

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死など・・・
労働に関するこんなトラブルが増加の一途を辿っています。

厚生労働省では、

労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)

を設置していますが、この窓口はどちらかというと相談窓口ではなく、一方的な通報窓口(密告窓口?)的な位置づけという感があるのではないでしょうか?

また、

求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン

では、受付時間が平日の8:30〜17:15ということもあり、相談したくても相談できない方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか?

このような状況を考慮したのか、「労働条件相談ほっとライン」というものを・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 19:10| 知ってトクする!こんな話あんな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

就職活動や転職活動の際の質問からブラック企業の可能性を探る方法

就職差別に関する相談窓口「就職差別110番」を大阪府が開設

という記事の中で、採用面接時などにどのような質問をされたら「就職差別」に該当するのか?について明記しておりました。

※具体的にはどのような質問が「就職差別」に該当するのか?などの詳細については、上記記事をご覧下さい
※質問 = 面接時の口答の質問だけではなく、会社独自の履歴書やエントリーシート、会社説明会等で配布されるアンケートなども含みます

つい最近も話題になったのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、血液型に関する質問をされただけでも、この「就職差別」に該当します。
(グローバル化や国際化などと言っている時代なのに、血液型について質問する企業がまだ存在しているなんてビックリしますよね)

それらの質問が「就職差別」に該当する質問であるということを企業側が本当に知らなくて質問している場合もありますが、

「就職差別」に該当する質問に強制的に答えさせる企業

労働者の人権を軽視している企業

ブラック企業(潜在的なブラック企業も含む)


という場合も多々ありますし、もしそうだとしたら、

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死・・・

といった労働問題がその企業で今は起こっていなかったとしても、近い将来起きる可能性もあるのではないでしょうか?
ブラック企業リストにその企業の名前が今は掲載されていなかったとしても、検索サイトで検索してもブラック企業らしき情報が存在しないように見えたとしても、実は隠蔽されているだけという可能性もあるのではないでしょうか?

「就職差別」に該当する質問に我慢して答えさせられてしまったが故に、教える必要のない個人情報を教えたくもない企業に教えてしまったり、その企業が大事な個人情報をきちんと管理していなかったり流出させてしまったり、その上、そのようなブラック企業に我慢して就職 or 転職してしまって後悔する羽目に陥らないためにも・・・!!

知っておいて損しないことだと思いますし・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 15:50| 知ってトクする!こんな話あんな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

パワハラやセクハラ、仕事のストレス等が原因のうつ病:労災申請過去最多

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死など・・・
労働に関するこんなトラブルが増加の一途を辿っています。

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
パワハラは我慢や泣き寝入りなどで改善・解決できる問題なのか?
過労死とは?過労自殺って何?命より大切な仕事なんてあるの?

などの記事をご紹介しておりますが、このような状況の中・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 10:10| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(3)

労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(1)
労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(2)

にて、どのような労働時間規制の見直し・緩和(いわゆる「残業代ゼロ法案」)を行おうとしているのか、何の目的があって誰のために労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ)を行おうとしているとしているのか、どのような「労働時間制度」を新たに創設しようとしているのかについてご紹介しておりました。

その後、動きがありましたので・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 15:25| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(2)

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死など・・・
労働に関するこんなトラブルが増加の一途を辿っています。

そんな状況なのにも関わらず、労働時間規制の見直し・緩和(いわゆる「残業代ゼロ政策」)を行い、新たな「労働時間制度」を創設する案が浮上して来ており、

労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(1)

にて、どのような「労働時間制度」を新たに創設しようとしているのかご紹介しておりました。

ただ、この記事をご覧になっても、何がどう良くて悪いのか、どこがどう問題なのか、何の目的があって誰のために労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ)を行おうとしているのか、今ひとつよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、「自分は対象外だから関係ないでしょ」と思い込んでしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのため今回は・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 14:55| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

大阪労働大学講座の受講生募集(平成26年度)

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ(給料カット)、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、サービス残業、長時間労働、雇用保険や社会保険の未加入、うつ病、過労死など・・・

労働に関するこんなトラブルが跡を絶ちません。

その原因の一つとして考えられるのは、

人を雇う側も、雇われる側も、労働法について知らなさ過ぎること

ではないでしょうか?

また、労働法が知られていない原因の一つとして、

労働法について、体系的に学ぶ機会が非常に少ない

ということが挙げられるのではないでしょうか?
(経営者向きの講座も少ないですが、労働者向きの講座はないに等しいぐらい少ないです)

労働法を知らない状況で、ブラック会社(ブラック企業)のリストを探して、リストに載っていない会社に就職できたとしても意味はないのではないでしょうか?
リストに載っていないブラック会社(ブラック企業)だって、たくさんあるのではないでしょうか?

労働者側が、労働法を知らなければ・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 19:10| 誰でも参加できるイベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする