西区地域労働組合ブログ移転のお知らせ


西区地域労働組合のブログをご訪問頂きありがとうございます。
<(_ _)>

西区地域労働組合のブログは移転致しました。

移転先ブログへは、以下のリンクからアクセス下さいませ。


ブラック企業に泣き寝入りする前に - 西区地域労働組合 -


【移転先ブログの個別の記事にアクセスしたい方は以下からお願いします】
よろしければ、移転先ブログに遊びに来てやって下さいねー。
(^^)


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?
社長や上司が怖い、話を聞いてくれない時の対抗手段:団体交渉(団交)


会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険や雇用保険の加入状況を調べる方法


雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?
就業規則とは?無効な就業規則とは?法律違反になるケースとは?
無期転換ルール(5年ルール):契約・派遣社員、パート、アルバイトの雇い止めに注意!


労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
使用者って誰のこと?使用者 = 事業主?使用者 = 経営者だけ?
非正規労働者や非正規雇用の「非正規」の本当の意味とは?


サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事


パワハラ行為をこっそり録音や録画するのは違法?証拠として有効?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時に
給料から天引きされた年金保険料の納付状況を確認する方法
会社の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法


労働組合とは?ユニオンとは?(超簡単な基本中の基本編)
労働組合(ユニオン)が勤務先にない時はどうすればいいのか?
労働組合(ユニオン)の種類とは?何がどう違うのか?
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意


西区地域労働組合に労働相談をしたい時は、どうすればいいの?
勤務先が大阪市西区以外で労働相談をしたい人は、どうすればいいの?
ブラックバイトの実態と被害に遭った際の対処方法や相談先について
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
会社の労働基準法等違反行為の通報先(匿名可・本人以外も可)
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



尚、こちらのSeesaaブログに関しては、新しいブログに完全移行終了後に削除する予定です。

もしもこちらのSeesaaブログにブックマークをして下さっている方がいらっしゃったら、お手数をお掛けして申し訳ございませんがブックマークの変更をお願い申し上げます。


今後とも西区地域労働組合を宜しくお願い申し上げます。
<(_ _)>




2017年08月20日

外国人技能実習生受入企業の7割が労働基準関係法令違反と過去最多

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死、過労自殺など・・・

労働に関するこのようなトラブルが増加の一途を辿っています。

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
労働基準法違反66%、違法残業44%、過労死ライン超え78%
うつ病等の労災認定が過去最多、労災認定決定理由はパワハラが最多
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には
長時間労働・パワハラ等による過労自殺はなぜなくならないのか?

などの記事をご紹介しておりますが、労働基準関係法令違反の会社にひどい目に遭わされているのは決して日本人だけではありません。
外国人も日本人以上にひどい目に遭わされており、人権無視といっていいほどの本当にとんでもない状況です。

特に外国人技能実習制度は随分と前から問題点が指摘されており、途上国に日本の技術を伝える国際貢献という目的が完全に形骸化しており、実際は「奴隷労働」と化しています。

結局のところ、日本人の労働環境が良くならなければ外国人の労働環境も良くなることはないのではないでしょうか。

このような中、厚生労働省から新たな資料が発表されたので・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 10:15| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

残業上限案:特例で年720時間(月平均60時間)まで認める方針

残業時間上限案:月平均60時間、繁忙期100時間、年間720時間

という記事をご紹介しておりますが、その後少しばかり動きがありました。

「特例」をわざわざ設けることによって、年720時間(月平均60時間)まで残業できるようにするという案が現在浮上しています。

過労死や過労自殺が蔓延している今の状況で・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 15:55| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

残業時間上限案:月平均60時間、繁忙期100時間、年間720時間

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
36協定の特別条項等の見直しによる残業時間上限規制強化を検討開始
労働基準法違反66%、違法残業44%、過労死ライン超え78%
過労死の労災請求を行った企業の半数で違法残業、8割が労働法違反
長時間労働・パワハラ等による過労自殺はなぜなくならないのか?

などの記事をご紹介しておりますが・・・

日本では労働時間の規制が事実上なく、労働者を際限なくしかも合法的に働かせることができるという恐ろしい話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
これは、36協定(労働基準法36条に基づく時間外・休日労働に関する労使協定)の特別条項から来ており、残業時間を事実上青天井にできる「抜け穴」や「法の抜け道」などと言われています。

その36協定の特別条項等の見直しによって、残業時間の上限の規制・強化を行う検討を始めたようです。

しかしながら、その後の動きを見ると・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 11:10| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

高度プロフェッショナル制度と名称変更し残業代ゼロ法案国会再提出

労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(1)
労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(2)
労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ政策)は誰のためなのか?(3)

にて、どのような労働時間規制の見直し・緩和(いわゆる「残業代ゼロ法案」)を行おうとしているのか、何の目的があって誰のために労働時間規制の見直し・緩和(残業代ゼロ)を行おうとしているとしているのか、どのような「労働時間制度」を新たに創設しようとしているのかについてご紹介しておりました。

とは言えども、

「どのような法案なのかよくわからない」
「何が問題なのかよくわからない」
「高給取りじゃないから、自分には関係ない」
「自分の会社ではサービス残業が普通で、もともと残業代が出ていないから、残業代ゼロになろうとどうなろうとどうでもいい」

という方もいらっしゃると思いますので、よろしければ先に以下をご覧下さいませ。
「ブラックジャックによろしく」というマンガを使ったパロディサイトで、非常にわかりやすいです。

ブラック法案によろしく


その後、この法案は「高度プロフェッショナル制度」と名称を変えた上で・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 13:05| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

労働基準法等違反8割超、企業名公表・書類送検も:ブラック企業調査結果

【厚生労働省が公表を開始したブラック企業リストをお探しの方へ】
以下の記事に掲載してありますので、よろしければご覧下さい。


ブラック企業リストを厚生労働省が公表開始、毎月更新

----------

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、雇用保険や社会保険の未加入、サービス残業、長時間労働、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、うつ病、過労死など・・・
労働に関するこんなトラブルが増加の一途を辿っています。

以前、

ブラック企業の取り締まりを厚生労働省が強化、送検や社名公表も

という記事をご紹介しておりました。

その続報とも言える・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 19:25| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)

労働組合とは(1)(超基本編)

では、

「一人じゃ出来ないことでも皆となら出来る」
使用者と対等に話し合える機会が得られる」

のでお得とご紹介しましたが・・・

でも、会社の中に労働組合がない所って結構多いと思いませんか?
特に、中小零細企業にお勤めの場合、社内に労働組合がある方が珍しいですよね?

社内に労働組合がない場合は、不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、サービス残業、長時間労働、雇用保険や社会保険の未加入、うつ病、過労死など・・・
このような労働に関するトラブルが発生したとしても、泣き寝入りするしかないんでしょうか?

いいえ、そんなことは決してありません!!

そんな時はどうすればいいのかと言うと・・・

続きを読む
posted by 西区地域労組 at 10:15| やさしく学ぶ!労働に関する用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする