2016年10月15日

ブラック求人(求人詐欺・嘘の求人)の体験談募集中

嘘の求人の罰則強化検討、ネットやチラシの求人広告掲載会社も対象に
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
求人票や面接の話と実際の給料や仕事内容等が違うトラブルが増加

などの記事を以前ご紹介しておりました。

ハローワークにおけるブラック求人の拒否に関しては、平成28年3月1日から施行されてはいますが、抜け穴もかなりあり、問題視されているのが現状です。
その後、罰則強化を検討することになっていますが、ブラック企業名を公表するといいつつ非常に残念な結果に終わった件を考えると、どこまで期待できるのか不安があります。

また、それ以前の問題で、厚生労働省がどこまで現状を認識しているのか、本気で改善する気があるのか疑わしいと感じている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

「求人票が違う」
「求人票と給料が違う」
「求人票と仕事内容が違う」
「求人票や面接の話と実際が全然違う」

などとインターネットで検索して腹立たしい気持ちでいるものの、怒りをどこにぶつけていいのやらと泣き寝入りせざるを得ない方も多いのではないでしょうか。

泣き寝入りすることによって新たな犠牲者を生み出してしまうとわかってはいても、誰にどう言えばいいのかわからなくて困っていたり、そんな時間があったら早く仕事を見つけたい、ブラック求人(求人詐欺・嘘の求人)でもこの際文句は言えない、我慢するしかないと思ってたりする方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。
ブラック求人(求人詐欺・嘘の求人)の体験談が、10月31日まで募集されています。

方法はとても簡単で、誰でも参加できます。
Twitterでつぶやくだけですし、匿名でもできます。

詳細については・・・

以下をご参照下さい。


1. “ブラック求人”のトラブル体験談をTwitter上で募集(ITmedia ビジネスオンライン)
※以下は一部引用ですので、全文読みたい方は上記リンク先からご覧下さい

===ここから===

日本労働組合総連合会は、求人内容と実際の労働条件が異なる“ブラック求人”に関するトラブルの体験談をTwitter上で募集する。
期間は10月31日まで。

ハッシュタグ「#ブラック求人あるある」を付けてツイートされたブラック求人のトラブルに関する体験談を集めて、厚生労働省が設置する労働政策審議会に提出する。

厚生労働省の調査によると、近年「求人内容と実際の労働条件が異なる」などのトラブルが増加傾向にあり、昨年ハローワークの求人内容に関して、求職者から寄せられた苦情件数は1万937件に及んでいる。

===ここまで===


2. 「有休とるやつはダメ社員だ!」 「ブラック求人」体験談募集(J-CAST)
※以下は一部引用ですので、全文読みたい方は上記リンク先からご覧下さい

===ここから===

求人情報と実際の労働条件が異なる「ブラック求人」に関する体験談をツイッター上で募集する「ホントにあった怖いブラック求人キャンペーン」を実施している。
期間は10月31日まで。

対象となるのは、ハッシュタグ「♯ブラック求人あるある」付きで呟かれたツイート。
今回のキャンペーンの結果は、審議会の中で示す予定になっている。

すでにツイッターには、

「ハロワの紹介で面接を受けたら、試用期間中は失業保険をもらいながら働いてと言われた」
「もちろん、会社からの給料は出ない」

「新卒出社1日目に上司と先輩に別室へ呼び出され、実際の初任給が求人より低いがこの先輩も同じだったから我慢してくれと言われる」

「『福利厚生 有休あり』とあったが、有休を1日申請しただけでも『有給休暇をとるやつはダメ社員だ!』と社長から30分説教され許可されない」

といった生々しい体験談が数百件単位で寄せられている。

厚生労働省の労働政策審議会(労政審)では9月15日から、実態と異なる情報で求人を募集する企業への罰則強化の議論が始まっている。

===ここまで===


3. 「ブラック求人経験談をつぶやいて!」という呼びかけに、反響が続々(IRORIO)
※以下は一部引用ですので、全文読みたい方は上記リンク先からご覧下さい

===ここから===

「ブラック求人の経験談をつぶやいて!」という呼びかけに、反響が続々とよせられている。

「ハロワの紹介で面接を受けたら、試用期間中は失業保険をもらいながら働いてと言われた」
「もちろん、会社からの給料は出ない」

「新卒出社1日目に上司と先輩に別室へ呼び出され、実際の初任給が求人より低いがこの先輩も同じだったから我慢してくれと言われる」

「ハローワークの求人票には勤務時間「週1日、3〜4時間」とあったので、ダブルワークとして応募」
「面接では「週2回以上、残業込み10時間以上」の勤務を求められた」

「完全週休二日制→祝日は出社日」
「GWも三連休もないし金曜までに仕事が終わらなければ出社してね+月2〜3回の休日当番もあるよ」

「年収事例:36歳 マネージャー職 年収600万円」
「入ってみるともちろんそんな人はいない」
「過去にいた形跡もない」

「求人 残業代100%支給!」
「実態 (業務手当に含まれている30時間分の見込み残業代は)100%支給!(それ以上はビタ一文支給しない)」

他にもたくさんのブラック求人体験談が投稿されている。

===ここまで===


4. 「結婚予定あるなら基本給マイナス3万円」 「ブラック求人」事例の中身とは(ハフィントンポスト)
※以下は一部引用ですので、全文読みたい方は上記リンク先からご覧下さい

===ここから===

Twitterに 「#ブラック求人あるある」とハッシュタグを付けてつぶやいてもらうキャンペーン。
厚生労働省の審議会で、求人案内のルールをめぐる議論が続いており、そうした場で集めた事例を紹介するという。

すでにTwitterに集まった事例をみると、おそろしい。

「『結婚予定はありますか?あるなら基本給はマイナス3万円になります』と言われた」

「午後5時から 午前3時の10時間勤務休憩無し」

「週休1〜0日でひどい時は26連勤」

「給料は時給換算250円程」

厚労省の資料によると、2015年度にハローワークが出していた求人票と実際の仕事が内容が違うものは3926件あった。

しかし、一度就職してしまってから上司や会社側に文句を言うのは難しく、こうした資料に出てこない、我慢している事例も少なくないとみられる。

===ここまで===


【「ブラック求人あるある」ツイート閲覧用リンク】
ブラック求人あるある(閲覧用)


【「ブラック求人あるある」ツイート投稿用リンク】
ブラック求人あるある(ツイート投稿用)


【参考】
よろしければ、以下も参考になさって下さいねー。


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
パワハラ(パワーハラスメント)を厚生労働省が6類型に分類
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には

勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
労働法って何?労働基準法(労基法)と何がどう違うの?
労働契約法って何?労働基準法とどう違うの?
就業規則って何?法律違反になるケースって?
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)
ブラック会社に泣かされないためにも知っておきたいこと
ブラック会社に泣かされないためにやっておきたいこと
「就活とブラック企業――現代の若者の働きかた事情(ブラック企業の見分け方など)」

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)
労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?編)」
労働組合とは(5)(「労働組合の存在意義って何だろう?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意

勤務先が大阪市西区にある方の無料労働相談はコチラ
勤務先が大阪市西区以外にある方(大阪以外も含む)の無料労働相談はコチラ
学生・生徒の方がブラックバイトの被害に遭った際の対処方法や相談先はコチラ
労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



少しだけど役に立ったと感じて下さった方は、
ここをクリックして頂けると嬉しいです。<(_ _)>



posted by 西区地域労組 at 20:20| 雇われて働く人に関係するニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする