2014年05月20日

大阪労働大学講座の受講生募集(平成26年度)

不当な解雇、雇い止め、派遣切り、賃金未払いや引き下げ(給料カット)、セクハラやパワハラなどの職場いじめ、サービス残業、長時間労働、雇用保険や社会保険の未加入、うつ病、過労死など・・・

労働に関するこんなトラブルが跡を絶ちません。

その原因の一つとして考えられるのは、

人を雇う側も、雇われる側も、労働法について知らなさ過ぎること

ではないでしょうか?

また、労働法が知られていない原因の一つとして、

労働法について、体系的に学ぶ機会が非常に少ない

ということが挙げられるのではないでしょうか?
(経営者向きの講座も少ないですが、労働者向きの講座はないに等しいぐらい少ないです)

労働法を知らない状況で、ブラック会社(ブラック企業)のリストを探して、リストに載っていない会社に就職できたとしても意味はないのではないでしょうか?
リストに載っていないブラック会社(ブラック企業)だって、たくさんあるのではないでしょうか?

労働者側が、労働法を知らなければ・・・

会社側に言われたことを、労働者は「そんなものなのかな?」と鵜呑みにしてしまうしかないのではないでしょうか?

どこの会社に行っても同じようなことをやっていたとしたら、それが普通という感覚になってしまい、疑問すら持てなくなってしまうのではないでしょうか?
そうすると、声を挙げたくても挙げられないという状況に陥ってしまうのではないでしょうか?

労働法を知らなければ、経営者側が労基法などに違反していたとしても、気づきようがないのではないでしょうか?

「ワシがつくった会社なんだから、ワシが会社のルール」

などと経営者側は労働者の足元を見て、労働法を無視して平気で言ってしまうこともあるのではないでしょうか?

経営者自身が経営努力を行うこともなく、解雇などの形で労働者に責任転嫁を行ってしまうこともあるのではないでしょうか?
良心の呵責もなく、人の使い捨てなども平気で行ってしまうこともあるのではないでしょうか?

これらの結果、従業員からの経営陣へのチェック機能が成り立たなくなり、
ブラック会社(ブラック企業)がどんどん増えて行き、人間らしく働ける場所がなくなってしまう・・・
そんな事態につながっているのではないでしょうか?

と言う訳で、労働法を体系的に学ぶ機会について、ご紹介しておきますねー。(^^)
※労働組合員でなくても、どなたでも参加可能です
※年に1度しか開講されない講座です



===ここから===

● 講座タイトル:平成26年度 大阪労働大学講座

● 大阪労働大学講座とは?:
大阪労働大学講座は、労働に関する法律や経済、福祉等について基礎から専門分野まで体系的に学べる実践的かつ高度な講座です。

● 受講対象者:
労働問題に関心のある方

● 受講申し込みの締切日:
平成26年6月17日(火)まで

● 開催期間:
・前期講座:平成26年6月17日(火)〜平成26年9月9日(火)
・後期講座:平成26年10月20日(月)〜平成27年1月14日(水)
※前期・後期ともに試験日を除いて20回で、週2回程度の講座

● 講義時間:
前期講座、後期講座とも18:30〜20:30


● 会場:
エル・おおさか(大阪府立労働センター)

● 会場最寄り駅:
・京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
・京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
・JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

● 受講料:
・前期講座のみ受講:30,000円
・後期講座のみ受講:30,000円
・前期、後期講座一括受講申込:50,000円
※5名以上同じ事務所・団体で受講する場合は受講料が1割引
※全受講者を対象に奨学金制度があります

● 詳細:
「平成26年度大阪労働大学講座概要」
「平成26年度大阪労働大学講座カリキュラム(前期・後期講座 科目・講師一覧)」
「平成26年度大阪労働大学講座申し込み用フォーム」

===ここまで===


尚、全ての講義を対象に1回(1講義)ごとに聴講も出来ます。
受講料は、1回(1講義) 3,000円です。
※当日申込可

特にお仕事をしていらっしゃると、18:30からの講座に毎回参加するのは現実的には不可能という方も多いのではないでしょうか?
その場合は、部分的に聴講してみるのもいいかもしれませんね。

詳細は、以下をご覧下さいませ。

「聴講申し込み(Webフォーム)」
「平成26年度大阪労働大学講座カリキュラム(前期・後期講座 科目・講師一覧)」


【参考】
よろしければ、以下も参考になさって下さいねー。


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
パワハラ(パワーハラスメント)を厚生労働省が6類型に分類
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には

勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
労働法って何?労働基準法(労基法)と何がどう違うの?
労働契約法って何?労働基準法とどう違うの?
就業規則って何?法律違反になるケースって?
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)
ブラック会社に泣かされないためにも知っておきたいこと
ブラック会社に泣かされないためにやっておきたいこと
「就活とブラック企業――現代の若者の働きかた事情(ブラック企業の見分け方など)」

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)
労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?編)」
労働組合とは(5)(「労働組合の存在意義って何だろう?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意

勤務先が大阪市西区にある方の無料労働相談はコチラ
勤務先が大阪市西区以外にある方(大阪以外も含む)の無料労働相談はコチラ
学生・生徒の方がブラックバイトの被害に遭った際の対処方法や相談先はコチラ
労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



少しだけど役に立ったと感じて下さった方は、
ここをクリックして頂けると嬉しいです。<(_ _)>




posted by 西区地域労組 at 19:10| 誰でも参加できるイベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする