2010年06月10日

新卒切り、新入社員切りの実態

特にここ最近、「新卒切り」「新入社員切り」に関するご相談や、キーワード検索が激増して来ています。

と言う訳で、

「内定辞退や退職を迫る「新卒切り」にご注意下さい」

の第二弾とも言える・・・


記事について、ご紹介します。
「「反省文漬け…『新卒切り』の実態」(毎日放送VOICE)」


===ここから===

就職難を勝ち抜いて採用されたのに、入社して間もなく退職に追い込まれてしまう、そんな事態が相次いでいます。
「新卒切り」とも呼ばれる雇用の実態と、被害を訴える1人の男性のケースを取材しました。

6日の日曜日、大阪市内で開かれた大学3年生向けの企業説明会。
例年より2週間早い開催にもかかわらず、長蛇の列ができました。

<就職活動中の大学3年生>
「周りがやっぱり就職できていない先輩が多くて・・」
「もう出遅れているみたいな」

今年も買い手市場が予想される新卒・就職戦線。
とはいえ、将来に期待を託す学生は少なくありません。

<就職活動中の大学3年生>
「今までの自分の成果を全て相手にぶつけるというか、そういう機会なのでわくわくもしていて」

ところが、今、首尾よく就職できた学生たちに思わぬ落とし穴が待ち受けています。

<今年4月に就職した大学院卒の男性 Aさん(25)>
「一挙手一投足に全て罵声を浴びせてくる。二言目にはもういらないとか」

入社直後に始まったという反省文漬けの日々。
そして、入社9日目の退職。

<労働相談員>
「いわゆる『新卒切り』と呼ばれるような」

悲痛な声が相次ぐ「新卒切り」の実態とは・・

今年3月に京都の私立大学の大学院を卒業したAさん(25)。
去年の今頃はすでに神戸のIT関連企業の内定を得て就職活動を終えていました。

しかし、入社初日の4月1日、異変が起きました。

<Aさん(25)>
「10分前には来ておけと言われていたので、早めの15分前には出社したんですけど『他の人は皆もっと早く来ているだろう、意識が足りないからそういうことになるんだ』といきなり入ってきた瞬間に罵倒されまして」

営業マンとして東京に配属されたものの、出社時間や電話の対応を巡って叱責を受けるようになり、挙句は反省文を書かされるようになったといいます。

<Aさん>
「(就業)3日目は『君はもう社会人として全然なってないから反省文を書け』と。『どこが悪いかを反省文に書け』と言われて、提出したんですけど、『これだけぎゅうぎゅう詰めに書かれたら読みづらいじゃないか』と言われて、また『一から書いてこい、全て書いてこい』と」

「質問をするときは適切な人を選ぶ。わざわざ忙しい人を選ばない」
(Aさんの反省文の一部)

入社5日目からは他の同期とは別にされ、連日、反省文を書くために机に向かわされたそうです。
枚数は、A4用紙20枚以上。

その中身は・・。

「私に足りないもの一番になるためにすべき事」
「状況判断力・内線と外線を間違える」
「敬語の間違い、はずしております→はずされております、社長→社長様」
(Aさんの反省文の一部)

入社9日目の金曜日には・・

「優先順位のつけ方が判断できていない。この点も週末自分を見つめなおし、全体に改善したい」
(Aさんの反省文の一部)

ところが、このあと、上司から会議室に呼び出されたそうです。

<Aさん>
「『もうしんどいやろ』と言ってくるんです。『じゃ、ずっとこのまま反省文を書いていたいわけ』って言ってくるんですよね。それ辞めろっていうふうにおっしゃってるんですかと言ったら、『だって、これ以上いても意味がないよね』と言うんです」

そして上司は、ある書類を差し出したといいます。

<Aさん>
「むこうが退職届を黙って出して『じゃ本日付けで退職だということで』と言って無理やりサインさせられて・・・完全に気が動転していたと思いますね」

会議室でのやりとりは1時間以上にも及び、ついにAさんは入社9日目の夜、退職届にサインをして会社を去ったと言います。
会社の扱いは、「自主退職」でした。

しかし、なぜこんな事になったのか。
Aさんは、思い当たることがあると話します。

<Aさん>
「交通費のことだとか、住宅手当とか引っ越しの料金は出るのかと言ったら(上司は)ムッとした感じで」

一方で、会社側は取材に対し「事実無根でコメントすることはございません」と答えています。

いったん採用してから切る。
「新卒切り」と呼ばれています。

<NPO労働相談センター(東京) 須田光照さん>
「この4月、5月の2か月間で(新卒切りの相談は)40件近くになると思う。去年は10数件というレベルだったので、相当増えているのは間違いない」

おととしのリーマンショック直後、新卒学生の内定取り消しが横行しました。
事態を重く見た国が内定取り消し企業の公表に踏み切ったため、2008年度、447件あった「内定切り」が昨年度は40件ほどに急降下。

そこで現れたのが「新卒切り」です。


<労働問題に詳しい村田浩治弁護士>
「解雇は簡単にできないと企業側もわかっていますから、本人の意思で退職する形にし向けるというのは、いま非常に横行している感じがする」

人件費抑制のため、会社にとって都合のいい社員だけを残そうとしている、そんな見方があるのです。

おとといには大阪の労働組合が「新卒切り」の電話相談を開いたところ、1人の女性が直接、窓口を訪れました。
医療関係の企業に入社後、わずか2か月で退職を迫られているといいます。

<4月に医療関係の企業に就職した女性(23)>
「何をしても常に怒られるって状況で、一人だけ集中的に攻撃されて常に監視されている状況。もう続ける気力も私もないので、もう何もしゃべることもなく、もういいですって言いまして『いつ辞めるかというのを次の日までに決めてこい』と言われました」

こうした事態に国は対策に乗り出しているのでしょうか。

<厚生労働省労働基準局 青山桂子さん>
「新卒ということだけを捉えた特別なことは何もやっておりません。実態とか把握できたら早めの対応は心がけたいと思う。退職勧奨は労働者の自由な意思決定を妨げるものはダメですよと言っているが・・」

現状すら把握していないという厚生労働省の担当者。
もはや、自己防衛するしかありません。


<労働問題に詳しい村田浩治弁護士>
まず会社の命令は絶対だと思わないことですね。意に反する形で(退職届に)サインは出来ませんというふうに、そこで頑張って言わないとダメです。弁護士に相談してとか、家族に相談してからと言って(書かない)」

一方、大学院を卒業しながら入社9日目で退職を余儀なくされた、Aさん。
今、新たな就職先を探しながらかつての会社に対し不当な退職強要があったとして労働審判を起こし、退職の取り消しと3年分の年収の支払いなどを求めています。

<Aさん>
「もう完全に会社不信というか、人間不信になりつつありますので心底怒りを覚えるんですけど、自分たちがやっていることの重大さを大いに知ってほしいと思います」

社会人として走り出した直後に、谷底に突き落とすとも言える「新卒切り」。
被害が広がらないよう、対策が求められています。

===ここまで===


【参考】
よろしければ、以下も参考になさって下さいねー。


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
パワハラ(パワーハラスメント)を厚生労働省が6類型に分類
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には

勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
労働法って何?労働基準法(労基法)と何がどう違うの?
労働契約法って何?労働基準法とどう違うの?
就業規則って何?法律違反になるケースって?
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)
ブラック会社に泣かされないためにも知っておきたいこと
ブラック会社に泣かされないためにやっておきたいこと
「就活とブラック企業――現代の若者の働きかた事情(ブラック企業の見分け方など)」

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)
労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?編)」
労働組合とは(5)(「労働組合の存在意義って何だろう?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意

勤務先が大阪市西区にある方の無料労働相談はコチラ
勤務先が大阪市西区以外にある方(大阪以外も含む)の無料労働相談はコチラ
学生・生徒の方がブラックバイトの被害に遭った際の対処方法や相談先はコチラ
労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



少しだけど役に立ったと感じて下さった方は、
ここをクリックして頂けると嬉しいです。<(_ _)>



posted by 西区地域労組 at 09:30| 知ってトクする!こんな話あんな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする