2010年02月04日

給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法
勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

などの記事をご紹介しております。

社会保険には、労災保険、雇用保険、厚生年金、健康保険がありますが、きちんと支払っていたはずの厚生年金が、実は支払われていなかった・・・。
正しく支払っていると信じていた厚生年金保険料の額が知らぬ間に減額されていて、その結果、定年後に受け取れる年金額が減ってしまっていた・・・。

つまり、給料から強制的に天引きしているにもかかわらず、事業主がごまかしこいてと正しく納めてなかった・・・。

その結果、年金がもらえなかったり、もらえる金額が大幅に減額されていたり・・・
そんなヒドイ話って、よく耳にしますよね(怒)。

でも、他人事ではないかもしれませんよ・・・。

先日も・・・

こんな記事が掲載されていましたよね・・・。

「天引きした厚生年金保険料、事業主が4.8億円未納(朝日新聞社)」

===ここから===

厚生労働省は26日、会社と従業員が折半する厚生年金の保険料を従業員の給料から天引きしながら、事業主が保険料を納めていなかったケースが昨年9月末までに1万4124件見つかったと発表した。

未納の保険料は総額約9億400万円。
滞納事業所には支払いを求めているが、約4億7900万円がなお未納となっている。

厚生年金の記録が消えた被害者を救済するための特例法に基づき、年金記録確認第三者委員会で記録回復が認められた事例について、厚労省が国会に報告した。

===ここまで===


どうしてこんなことが、平気で行われてしまうのでしょうか?

皆様が支払っている年金は大丈夫でしょうか?
会社を信用して任せておくだけで、本当に大丈夫なんでしょうか?
日本年金機構(旧社会保険庁)に任せておくだけで、本当に大丈夫なんでしょうか?

と言う訳で、たまにはちょっと毛色を変えて・・・
支払った分の年金額をきちんともらうための「自己防衛案」をご紹介しますねー。(^^)
(ご存知の方 & 既に利用していらっしゃる方は無視して下さいねー)

その案と言うのは・・・

「自分が支払った年金額は、自分でチェックすること」

でしょうか。

具体的には、日本年金機構(旧社会保険庁)が提供している無料サービスを活用することでしょうか。
※厚生年金だけではなく、国民年金についても確認できます


「ねんきんネット(日本年金機構)」

【年金個人情報提供サービスを利用するための手順】
1. 上記リンク先の「新規ご利用登録」をクリックし、次ページで「ご利用登録(アクセスキーをお持ちでない方)」または「ご利用登録(アクセスキーをお持ちの方)」を選択して以下の項目を入力し、利用申し込みをします
※「アクセスキー」については、「http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=3887&faq_genre=134」を参照

・基礎年金番号
・氏名
・生年月日
・性別
・郵便番号
・住所
・希望するパスワード
・電話番号

2. ユーザーIDとパスワードが郵送されて来るのを待ちます
※利用申し込みを行ってから2週間程度で郵送されて来ます

3. 郵送されて来たユーザーIDとパスワードでログインし、確認します


【年金個人情報提供サービスで確認できること】
例えば、以下について確認できるようになっています。
尚、印刷も可能です。

・加入している(していた)制度(厚生年金 or 国民年金)
・勤務先別加入期間
・標準報酬月額、標準賞与額
・年金に加入しているトータルの期間


【補足1】
・標準報酬月額とは?
支払年金額の計算のベースとなる月給を等級に当てはめた金額のことです。
1等級(9万8千円)から30等級(62万円)までの30等級に区分されています。

・標準賞与額とは?
その月に支払われたボーナスなどの額の千円未満を切り捨てた額を標準賞与額としています。
標準賞与額の上限は150万円です。


厚生年金保険料は、使用者労働者との折半で支払われていますよね。
そのため、

負担を減らしたい使用者が、標準報酬月額と標準賞与額を従業員には無断でコッソリと少なくし、社会保険事務所に届け出ている

ということが行われてしまっているという訳です。

つまり、

給料が少ないという扱いをされてしまった人は負担が少なくなるけど、その分もらえる年金額も少なくなってしまう

ということです。

そのような事態を防止するためにも、標準報酬月額と標準賞与額をしっかりとチェックしておくことをお勧めします。

「ねんきん特別便」では、標準報酬月額・標準賞与額は確認できません
「ねんきん定期便」では、標準報酬月額・標準賞与額が掲載されていますが、「ねんきん特別便・定期便」と「年金個人情報提供サービス」で使用しているデータが異なる場合もあるため、「年金個人情報提供サービス」と合致しているかどうかしっかり確認した方が無難です



【補足2】
よくある質問が以下に掲載されています。

「年金 Q & A(日本年金機構)」


【参考】
よろしければ、以下も参考になさって下さいねー。


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
パワハラ(パワーハラスメント)を厚生労働省が6類型に分類
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には

勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
労働法って何?労働基準法(労基法)と何がどう違うの?
労働契約法って何?労働基準法とどう違うの?
就業規則って何?法律違反になるケースって?
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)
ブラック会社に泣かされないためにも知っておきたいこと
ブラック会社に泣かされないためにやっておきたいこと
「就活とブラック企業――現代の若者の働きかた事情(ブラック企業の見分け方など)」

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)
労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?編)」
労働組合とは(5)(「労働組合の存在意義って何だろう?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意

勤務先が大阪市西区にある方の無料労働相談はコチラ
勤務先が大阪市西区以外にある方(大阪以外も含む)の無料労働相談はコチラ
学生・生徒の方がブラックバイトの被害に遭った際の対処方法や相談先はコチラ
労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



少しだけど役に立ったかもと感じて下さった方は、
ランキングへのポチっをよろしくお願いします。<(_ _)>



posted by 西区地域労組 at 08:35| 知ってトクする!こんな話あんな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする