2010年01月17日

労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?」編)

※そもそも労働組合が何なのかよくわからない、労働組合のメリットがよくわからないなど、労働組合についてまずは基本的なことが知りたいという方は、先に以下の記事をご覧下さいませ。

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)

=====


一口に「労働組合(略して「労組」)」と言っても、

労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)

にも明記した通り、種類だけでも色々とあります。

労働組合と一口に言っても、中身としては・・・

・形だけの労働組合
・正社員しか入れない労働組合
・組合費だけ取ってまともな対応はおろか連絡すらない労働組合
・一部組合員による内輪うけの話題ばかりで単なる仲良しクラブになっている労働組合
・専門用語を並べ立てるだけで納得の行く説明をしない労働組合
・言葉は悪いですが「企業から大金を巻き上げるのが目的」という労働組合

などのように、労働組合とはちょっと言いがたい労働組合(?)も残念ながら存在するようです。

※上記のように、労働組合といくら名乗っていても、労働組合本来の機能を果たしているとは言えない労働組合(?)の詳細については、以下の記事をご参照下さい


労働組合のある会社はブラックじゃない?御用組合(名ばかり労働組合)に注意


そもそも、労働組合の「あるべき姿」って・・・

どんなものなんでしょうか?
労働組合は、どのような方向に向かって行けばいいんでしょうか?
労働者が、夢や希望を持ってイキイキと働けるようになるためには、労働組合は何をすべきなんでしょうか?
日本を元気にするために、労働組合だからこそできることって何でしょうか?

そんなことを、この記事を読みながら思わず考えてしまいましたので、ご紹介します。


労組は社会連帯の要たれ(毎日新聞社)

===ここから===

「人と接しないことで、自分は自分を守ってきた。でも、労働組合に入ってみて、それが正解でないことがこの1年間で分かりました」

昨年、労働組合の組織率が34年ぶりに上昇に転じた。
厚生労働省がその調査結果を公表してから間もない12月、東京都内で若者が企画した働くことを話し合うイベントで、一昨年末に契約途中で雇い止めに遭って失職した元派遣労働者の男性(37)は、1年間を振り返り、少し上気した顔でそう言った。

今回の労組の組織率反転は、非正規雇用労働者の組織化が進んだことが要因の一つだ。
「正社員クラブ」と皮肉られ、メンバーのことだけを考えてきた労組が変わりつつある証しでもある。

労組は彼が感じたような、小さな思いの積み重ねを大事にし、社会的なきずなを強める役割を果たしてほしい。

彼が4年間働いた自動車工場を雇い止めにされたことは、住んでいた寮を追い出されることも同時に意味した。
行き詰まり、インターネットで探した個人加盟の労働組合に初めて助けを求めた。
彼にとっては大きな決断だった。

派遣で働いている時、仕事も覚え、正社員と同じかそれ以上の働きをした自負はある。
しかし、職場の朝礼で製造過程の改善などを提案すると、「派遣なんだから控えめにしなよ」と言われた。
景気の悪化で社員のボーナスが減額された時は、「派遣さんよりはましだから」と心ないことを言われた。

男性は「まるで身分制度です。誰ともかかわらないことが自分を守ることだと思い込んでいた」と話した。

労組がメンバーのことだけしか考えていないころ、働く環境はグローバル化や市場原理主義の波に洗われた。
利益、効率最優先の旗の下、労働者派遣の原則自由化など働き方の規制緩和が進められた。

労組はそれらの政策に反対の声を上げた。
しかし、組織率が低下する中でその声は軽んじられ、雇用環境の劣化に労働者側から歯止めをかける社会的規制の力は弱まった。
その結果、労働者の3人に1人が非正規となり、正社員も過労死・過労自殺が過去最悪レベルで推移するような長時間過重労働の常態化、残業代不払いの名ばかり管理職の拡大などを許した。

非正規で働く労働者たちは、正社員より低い賃金で不安定な雇用に置かれ、多かれ少なかれ、彼のような孤立感を感じているはずだ。
実際、「正社員労組は助けてくれなかった」、「非正規は排除されている」などの言葉をよく聞いた。
若年者やシングルマザーからは生活できない低賃金を嘆く声もよく聞く。
非正規を中心に貧困状態が広がっていることを実感した。

そんな中、07年に連合が非正規や中小零細の労働者への取り組みを最優先とする運動方針を決めたことが、一つの転機となった。
労組を必要とする人々を仲間に迎えなくては存在意義を問われるとの危機感が、すべての働く者の労働組合という本来の姿に立ち戻らせた。
全労連や全労協も相次いで非正規への取り組みに力を注ぐ方針を打ち出し、労働界の流れができた。
以降の地道な積み重ねが組織率上昇の下地を作ったといえる。

「労組は旧態依然だ」と批判の声もある。
もちろん、すべての労組や産別の意識が変わったわけではないし、いまだに非正規に無関心な組織もある。

しかし、昨年の派遣村の運営や、今年公設派遣村をサポートした「ワンストップの会」は、労組を中心にNPO(非営利組織)や市民団体、弁護士など専門家が集まり運営された。
メンバーシップを超えて、生活に困窮する労働者、市民の社会的連帯としての役割を果たそうとしたものだ。

また、連合は10年の春闘方針で、非正規など組合員でない労働者も含めたすべての労働者の春闘にする方針を決めている。
すぐに大きな成果は出せないかもしれない。
だが、これまで目を背けてきた人々へ手を広げ始めたことは確かだ。

元派遣労働者の彼を迎えた労組は、寮に住み続けることを会社に認めさせ、派遣先での直接雇用を求める裁判(東京地裁で係争中)も支援した。
彼は話を聞いてくれて、行動を共にする仲間を得た。
無口だった彼は、言葉を取り戻したように多弁になった。
連日、ワンストップの会の行動に参加し、1年前の自分のような仲間を励ました。

彼は

「働き方は変えられないって思っていたけれど、そうじゃない。多くの人とつながることで変えられると思える」

と話す。

過去最悪レベルの失業率など、厳しい状況は今年も続くと見られる。

労組は、長期の失業や貧困の中で社会的排除に遭っている人々と手を結び、効率優先の中でずたずたにされた働く者同士、あるいは市民とのつながりを再構築してほしい。
そこに困難を乗り越える手段があると思うからだ。


===ここまで===


【参考】
よろしければ、以下も参考になさって下さいねー。


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
パワハラ(パワーハラスメント)を厚生労働省が6類型に分類
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には

勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
労働法って何?労働基準法(労基法)と何がどう違うの?
労働契約法って何?労働基準法とどう違うの?
就業規則って何?法律違反になるケースって?
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)
ブラック会社に泣かされないためにも知っておきたいこと
ブラック会社に泣かされないためにやっておきたいこと
「就活とブラック企業――現代の若者の働きかた事情(ブラック企業の見分け方など)」

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)
労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?編)」
労働組合とは(5)(「労働組合の存在意義って何だろう?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意

勤務先が大阪市西区にある方の無料労働相談はコチラ
勤務先が大阪市西区以外にある方(大阪以外も含む)の無料労働相談はコチラ
学生・生徒の方がブラックバイトの被害に遭った際の対処方法や相談先はコチラ
労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



少しだけど役に立ったと感じて下さった方は、
ここをクリックして頂けると嬉しいです。<(_ _)>



posted by 西区地域労組 at 07:55| やさしく学ぶ!労働に関する用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする