2010年01月07日

社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

・ワシに口答えするようなヤツは、明日から来なくて良い
・オレのやり方が気に入らないんだったら、今すぐクビにしてやる!
・残業や休日出勤を嫌がるようなヤツは、この会社にはいらないから今すぐ出て行け!
・ちょっと病気になったぐらいで欠勤する根性なしは、この会社じゃやって行けないから今すぐ辞めた方がお前のためだ
・妊娠した?それじゃー、退職してもらうしかないね


などなど・・・
こんなことを、言われたり言ったり聞いたりした経験って、ありませんか?

その他、中小零細企業でよくある例として・・・

社長や上司とたまたま口論になっただけで解雇を言い渡され、挙句の果てにお前が悪いからと辞表を書かされて、会社都合の一方的な解雇なのにもかかわらず自己都合退職に無理やりされてしまったというものもあります。

そんな典型的な事例とも言える記事を見つけたので、ご紹介します。


夫が社長とケンカして「クビ宣告」されました(J-CAST)

===ここから===

「外資系は『簡単にクビ』ってホントなの?」という記事が大きな反響を呼びましたが、日系企業でも労働組合がない中小企業では、社長の"鶴の一声"でクビにされてしまうことがあります。
これもそんなケースの一つ。

日本最大級のQ&Aサイト「OKWave」に、

夫が社長と言い争いののち、その日のうちに解雇を言い渡されました

というタイトルの相談が投稿されました。


● 「これは不当解雇にあたるのでしょうか?」
投稿したのは、「夫が自動車整備工場で働いている」というkantatorinさん。
彼女の夫はある日、業務と関係ない件で社長と言い争いとなってしまい、その結果、その日のうちに社長から「解雇」を言い渡されてしまったというのです。
言い争いのあと社長に謝罪したそうですが、「そんなことくらいでは許せない」「自分は根に持つタイプだから、もうやめて欲しい」と言われて、解雇の通告を受けてしまいました。

しかし、これまで業務に関してとくに注意されたことはなく、言い争いとなったのも今回が初めてとのこと。
それでいきなり解雇とはあまりにひどすぎるのではないか。
そう感じて、Q&Aサイトで相談してみることにしたのです。

「これは不当解雇にあたるのでしょうか?また、労働基準法では『労働者を解雇する場合、少なくとも30日前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。』とあるのですが、この権利を会社側に主張することはできるのでしょうか?」


● 「口論程度で解雇はありえない」
この質問に対して、「三流な社長がいる中小企業でよくある話ですね」と言うbsmlさんは、

「口論程度で解雇するのは120%認められません」

と断言しています。

そして、

「まずは労働基準局に相談しましょう。専門家が親身になって相談に乗ってくれますし、仲裁にもたってくれます」

とアドバイスしています。
また、話がさらにねじれてしまった場合は、「裁判所の労働審判」を利用するのも悪くないと提案しています。


● 社長との会話を録音しておこう
もう少し積極的な方法。

「解雇だなんて言ってない。あいつか勝手に辞めて行ったんだと主張されたらたまたもんじゃありません。録音機器を持ち、謝罪し解雇取消のお願いの為に再度会社を訪れましょう」

と、社長との会話を録音して「証拠」を残すことを提案しています。

役所に相談に行くにしても証拠があったほうが心強いのは確かですから、うまく録音することができれば大きな武器になりそうです。

会社を舞台にしたテレビドラマではよく、部下と口論して逆上した経営者が「お前なんか、もうクビだ!」と叫ぶ場面がでてきます。
でも、口論したぐらいでクビを宣告されては、たまりませんよね?

===ここまで===


【従業員を辞めさせたいとお考えの方へ】
ここ最近、「従業員を退職させたい」や「社員を辞めさせる方法」などのキーワード検索が増加傾向にあるので、そのような方々へ最低限ご一読頂きたいものを明記しておきます。

「労働契約法のポイントPDFファイル(厚生労働省)」
・解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする(第16条)

「人員整理のための解雇は、どこまで許されるか(わーくわくネットひろしま)」
・合理的な理由のない解雇は、権利の濫用になり無効とされます
・整理解雇については、4つの要件を満たしていない場合は、合理的な理由がないとされ、解雇は認められません


「合理性のない解雇は解雇権の濫用にあたり無効(茨城労働局)」
・判例上、解雇権の濫用になるか否かの判断要素:
解雇に合理性又は相当の理由があるか
解雇が不当な動機又は目的からされたものでないか
解雇理由とされた行状(非行)の程度と解雇処分との均衡が取れているか
同種又は類似事案における取扱と均衡が取れているか
一方の当事者である使用者の側の対応に信義則から見て問題はないか
解雇手続は相当か など



【参考】
よろしければ、以下も参考になさって下さいねー。


どんな解雇なら不当で、どんな解雇なら不当ではないの?
なぜ会社は辞表(退職願・退職届)を書かせようとするのか?
「クビだ!」等と言われた時、やるべきこととやってはいけないこと
社長や上司の一言で即日解雇って、あり?なし?

会社が労災を認めない、会社が労災の申請をしてくれない時の対処方法
労災認定基準:労働基準監督署はどんな基準で労災を判断するのか
うつ病等の労災認定基準:パワハラ、セクハラ、長時間労働など
勤務先の会社の労災保険加入状況を調べる方法

36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいこと
サービス残業:裁量労働制、年俸制、ノー残業デーにご注意下さい
年俸制、管理職、営業職、技術職などってサービス残業が普通なの?
残業代が出ない時に自力で請求できる方法とは?労働審判制度とは?
自社製品の購入を強制された時って、断ったらダメなの?
パワハラ(パワーハラスメント)を厚生労働省が6類型に分類
会社が辞めさせてくれない、辞めたいのに退職させてもらえない時には

勤務先の会社の雇用保険加入状況を調べる方法
雇用保険料が天引きされていたのに失業金がもらえない時
長時間労働等で自主退職する前に知っておきたい失業金の事

企業の厚生年金と健康保険の加入状況や保険料納付状況を調べる方法
給料から天引きされた年金の納付状況を確認する方法

労働者って誰のこと?正社員以外も労働者なの?
労働法って何?労働基準法(労基法)と何がどう違うの?
労働契約法って何?労働基準法とどう違うの?
就業規則って何?法律違反になるケースって?
雇用契約や就業規則と労働基準法(労基法)ではどちらが優先されるか?

解雇やサービス残業、パワハラやセクハラ等に対抗する方法:団体交渉(団交)
ブラック会社に泣かされないためにも知っておきたいこと
ブラック会社に泣かされないためにやっておきたいこと
「就活とブラック企業――現代の若者の働きかた事情(ブラック企業の見分け方など)」

労働組合とは(1)(超基本編)
労働組合とは(2)(「社内に労働組合がない時は?」編)
労働組合とは(3)(「労働組合の種類って?」編)
労働組合とは(4)(「労働組合のあるべき姿って?編)」
労働組合とは(5)(「労働組合の存在意義って何だろう?」編)
労働組合をつくったり加入したりすることに社長は反対できるのか?
労働組合があればブラック企業じゃない!?御用組合(名ばかり労働組合)に注意

勤務先が大阪市西区にある方の無料労働相談はコチラ
勤務先が大阪市西区以外にある方(大阪以外も含む)の無料労働相談はコチラ
学生・生徒の方がブラックバイトの被害に遭った際の対処方法や相談先はコチラ
労基法違反等の情報提供匿名メール24時間受付窓口(本人以外からも可)
求人票と労働条件が異なる際の相談窓口:ハローワーク求人ホットライン
労働基準監督署(労基署)、ハローワーク、総合労働相談コーナーの違い
解雇や職場いじめなど、他の人は何をどんな風に相談してるの?



少しだけど役に立ったと感じて下さった方は、
ここをクリックして頂けると嬉しいです。<(_ _)>



posted by 西区地域労組 at 08:00| 知ってトクする!こんな話あんな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする